男の美しさと輝きを創造する

タケオキクチのファン必見!店舗、デザイナー、激安通販などブランド情報まとめ

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)は、株式会社ワールドのデザイナー菊池武夫さんが1984年に創設したファッションブランド。

 

ブランドコンセプトは「RONDON POP」というものです。

 

2004年の菊池さんの退任後のデザイナーは信國太志さんで、2008年からは福薗英貴さんがデザイナーを務めています。

 

タケオキクチにはファーストライン以外に、「TK」「THE SHOP TK MIXPICE」「TK SAPKID」といった3つのブランドがあり、それぞれブランドごとに特徴があります。

 

簡単に説明すると、「TK」は1999年に創立したブランドで若者向けのストリート路線のセカンドライン、「THE SHOP TK MIXPICE」は「TK」からさらに派生したブランドでより低価格でカジュアル志向のブランド、そして「TK SAPKID」は小学校低学年までをターゲットとした子供服のブランドです。

 

 

タケオキクチのデザイナー菊池武夫とは?

 

菊池武夫さんは1939年、東京都千代田区生まれ。

 

クールビズ推進協議会共同代表も務める人物です。

 

1956年に原のぶ子デザインアカデミーを卒業後に佐藤賢司さんらと「服飾モダン・グループ」を結成して、1968-1971年まで資生堂でポスターなどのコスチュームデザインをしていました。

 

1970年にはレディースウェアの株式会社ビギを設立、1975年に株式会社メンズビギを設立し、1978年にはメンズウェア部門では日本人として初めてパリに進出しました。

 

その後、メンズビギの社長と対立し、ワールドへ移籍、タケオキクチを立ち上げました。

 

また2005年には「40CARATS&525」という新ブランドを立ち上げています。

 

 

タケオキクチの公式通販、激安通販ショップ

 

タケオキクチの激安通販ショップはこちらです↓
タケオキクチの激安通販はこちら!

関連記事一覧

PAGE TOP