男の美しさと輝きを創造する

DRIES VAN NOTENの店舗、デザイナー、激安通販などブランド情報まとめ

ドリスヴァンノッテン(DRIES VAN NOTEN)は、1985年にドリス・ヴァン・ノッテンがベルギーで創立したファッションブランドです。

 

ニット、プリント、刺繍などに定評があり、デザイナーがスカーフ、マフラー好きなこともあり、スカーフ、マフラーは豊富な種類を毎シーズン出しています。

 

1991年にパリメンズコレクションに初参加し、1993年にパリレディースコレクションに初参加しました。

 

日本では、レウナンルックにより国内に輸入開始し、1998年にライカと契約してショップを南青山にオープン、その後、2003年1月26日の契約終了とともに南青山のショップを閉店しますが、2009年3月20日にトゥモローランドと契約し再び南青山にショップを開店しました。

 

 

DRIES VAN NOTENのデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンとは?

 

ドリスヴァンノッテンドリス・ヴァン・ノッテンは1958年生まれ、ベルギーのアントワープ出身です。

 

既製服販売店を営む家系の生まれだったため、常にファッションに囲まれた環境で育ち、幼いころからファッションに興味を抱いていました。

 

1981年にアントワープ王立芸術アカデミーを卒業すると、父は家業を継いでほしいと願っていましたが、製作に魅了されていたため、その後もコレクションのデザインを続け、1985年に小さなショップを開き、これがブランドのスタートとなります。

 

その後、1986年のロンドンの展示会にて他の卒業生と共にコレクションを出展し、これが話題になり「アントワープの6人」と呼ばれるようになりました。

 

 

DRIES VAN NOTENを取り扱っている激安通販ショップ

 

DRIES VAN NOTENの激安通販はこちら!

 

関連記事一覧

PAGE TOP