男の美しさと輝きを創造する

LOEWEファン必見!店舗、デザイナー、激安通販などブランド情報まとめ

ロエベ(LOEWE)は、1846年にスペインで創立したファッションブランドです。

 

スペインのマドリードに皮革製品の工房が設立されたことからブランドは始まり、1872年にエンリケ・ロエベ・ロスバーグが職人の技術や品質の高さに感銘を受けて革加工工房に加わり、彼らの製品が貴族達に好評になり、徐々に工房を拡大化、1892年にプリンシペ通りに店舗併設型のE.ロエベブティックを開きました。

 

またこの頃からレザーグッズファクトリーというエンブレムを施すようになり、その後、1905年には、当時有力な顧客であったコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介され、アルフォンソ13世から王室御用達の称号を授かり、1910年代頃から事業の拡大を開始、バルセロナでの2号店を皮切りにスペインの主要都市にて次々とショップをオープンし、注文数も増加、1949年には工場も建設しています。

 

この時期からアイテムの種類も増え、靴やインテリア小物なども作り出し、また当時スペインで輸入されていた海外ブランドの販売権も獲得、ディオールなどのブランドも販売するようになります。

 

その後、1965年から4代目のエンリケ・ロエベ・リンチが事業に参加し、最初のデザイナーとしてカール・ラガーフェルドやラウラ・ビアジョッティを迎え、プレタポルテラインをスタート、1970年代から海外進出も始め、1975年には現在も定番の人気商品であるバッグ「アマソナ」を発表、1996年にLVMHに入り、レザー商品とプレタポルテの2分野を中心に事業展開しています。

 

日本では、1986年にロエベ・ジャパンを設立し、翌年から日本で本格的に販売をスタート、1997年4月に銀座に旗艦店をオープンし、2000年には銀座店をリニューアル、また2004年9月20日に表参道にショップをオープンしました。

 

2008年にアーティスティック・ディレクターに就任したスチュアート・ビバースは、イギリスのウエストミンスター大学を卒業し、ボッテガヴェネタ、ジバンシーで働いた後、ルイヴィトンのバッグの責任者に就任、2006年からマルベリーのデザインディレクターを務め、その後、ロエベで活躍しました。

 

 

LOEWEを取り扱っている激安通販ショップ

 

LOEWEの激安通販はこちら!

 

関連記事一覧

PAGE TOP