男の美しさと輝きを創造する

COMME des GARCONSファン必見!店舗、デザイナー、激安通販などブランド情報まとめ

コム・デ・ギャルソン(COMME des GARCONS)は、1969年に川久保玲が創立したファッションブランドです。

 

会社(コム・デ・ギャルソン社)は1973年に設立、ブランド名の由来は、「少年のように」という意味。

 

当初、婦人服の製造販売のみを行っており、メンズは1978年スタートの「コム・デ・ギャルソン・オム」からです。

 

1975年に初の東京コレクション参加、青山に初の直営店をオープンします。

 

1981年にはパリコレクションに参加し、その後はパリを中心にコレクションを展開、「ヨウジヤマモト」とともにそれまでの既成概念を覆した斬新な表現方法で当時の世界のデザイナーたちに衝撃を与えました。

 

世界からの注目はこれにとどまらず、黒を基調としたアイテムの数々は、「黒の衝撃」や「ジャパネスクカジュアル」などと呼ばれ、「カラス族」といった流行語も作り出したほどです。

 

歴史のあるブランドだけあり、派生ブランドも多く、1981年に「ローブドシャンブル・コム・デ・ギャルソン(rode de chamble COMME des GARCONS)」と「トリコ・コム・デ・ギャルソン(tricot COMME des GARSONS)」をスタート、

 

1984年に「コム・デ・ギャルソン・オムプリュス(COMME des GARCONS HOMME PLUS)」がスタート、

 

1987年にビジネススーツを扱っている「コム・デ・ギャルソン・オムドゥ(COMME des GARCONS HOMME DEUX)がスタートなど、

 

他にもたくさん展開されており、現在は廃盤、統合されているブランドもありますが、それぞれのブランドで様々なコンセプトを掲げ、常に挑戦、工夫を忘れないファッションブランドであるといえるでしょう。

 

現在、デザイナーは4人で、川久保玲以外に渡辺淳弥、栗原たお、丸龍文人がおり、社長を川久保、副社長を渡辺が務めています。

 

なお、渡辺淳弥が「ジュンヤワタナベ・コム・デ・ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARCONS)」など、栗原たおが「トリコ・コム・デ・ギャルソン(tricot COMME des GARSONS)」のデザイナーを2003年から務め、「tao COMME des GARCONS」のデザイナーも務めており、丸龍文人が「GANRYU」のデザイナーを務めています。

 

 

COMME des GARCONSのデザイナー川久保玲とは?

 

川久保玲は1942年10月11日生まれ、東京都出身です。

 

慶応義塾大学文学部哲学科を卒業後、旭化成宣伝部に入社しますが、3年で退社し、フリーのスタイリストになります。

 

その後、コム・デ・ギャルソンを創立。

 

2006年からスピード社と提携しており、高速水着のレーザーレーサーの五輪公式デザインを手がけました。

 

ちなみに夫はイギリス人でAdrian Joffeという人物で、コム・デ・ギャルソンの幹部を務めています。

 

 

COMME des GARCONSを激安で購入できる通販ショップ

 

COMME des GARCONSの激安通販はこちら!

 

関連記事一覧

PAGE TOP