男の美しさと輝きを創造する

GUCCIファン必見!店舗、デザイナー、激安通販などブランド情報まとめ

グッチ(GUCCI)は1922年にグッチオ・グッチがイタリアで設立したファッションブランドです。

 

またブランドを展開する会社はグッチ・グループで、現在、イヴ・サン・ローラン、ボッテガヴェネタ、プーマ、バレンシアガ、ブシュロンなどといった有名ブランドが買収などにより傘下に入っています。

 

ブランドコンセプトは、「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去の良いものを現代に反映させる商品作り」というものです。

 

”グッチはブランドの元祖”といわれており、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れました。

 

これによりブランド品というものが生まれ、ブランドの元祖といわれるようになったわけです。

 

また、長い歴史の中でグッチの経営権は、グッチ家の手から離れているため、デザイナーなども何度も変わっており、1989年にドーン・メローが社長兼クリエイティブディレクターに就任、翌年に、トム・フォードがレディースウェアのデザイナーに、1994年には、クリエイティブディレクターに就任します。

 

その後、2004年にレディースウェアにアレッサンドラ・ファキネッティ、メンズウェアにジョン・レイ、アクセサリーラインにフリーダ・ジャンニーニが就任します。

 

翌年に、方針の違いからアレッサンドラ・ファキネッティが辞任し、レディースにフリーダ・ジャンニーニが就任、2006年には、ジョン・レイも辞任したため、現在は、フリーダ・ジャンニーニがメンズも手掛けています。

 

ちなみにこの中で特に有名なのはトム・フォードで、グッチの急激な成長の立役者となっています。

 

 

デザイナー、グッチオ・グッチとは?

 

グッチオ・グッチ(1881-1953)は、イタリアのフィレンツェで「ガブリエロ」という麦わら帽子の製造を行う会社の息子として生まれました。

 

第一次世界大戦後の1919年に高級レザーグッズの「フランツィ」で皮革の扱い方を学び、1922年にパリネオ通りに店を開きます。当時のグッチが扱ったのは、イギリスから輸入した鞄の修理等でしたが、この経験によって鞄の研究をすることができ、丈夫な鞄を作る術を学ぶことができました。

 

その後、第二次世界大戦が始まると、革が使えなくなり、代用品としてキャンバス地にコーティングを施した商品を作りますが、これが思わぬ人気を博します。

 

ちなみにこのキャンバス地は現在の一部のアイテムで使われているキャンバス地の始まりと思われます。

 

また現デザイナーのフリーダ・ジャンニーニは、1972年、ローマに生まれ、ファッション・アカデミーで学びます。

 

1997年にフェンディに入社し、ウェアなどのデザインを担当後、2002年にハンドバッグのデザインディレクターとしてグッチに入社、2006年2月からメンズ、レディース、アクセサリーのクリエイティブディレクターに就任しています。

 

 

GUCCIの激安通販ショップ

 

GUCCIの激安通販はこちら!

関連記事一覧

PAGE TOP