男の美しさと輝きを創造する

Yves Saint Laurentの店舗、デザイナー、激安通販などブランド情報まとめ

イヴサンローラン(Yves Saint Laurent)は、1962年にイヴ・サンローランとピエール・ベルジェがフランスで創立したファッションブランドです。

 

1966年にプレタポルテ部門である「イヴサンローラン リヴ・ゴーシュ」のブティックをパリにオープン、日本では、2001年に表参道にショップをオープンしました。

 

「イヴサンローラン リヴ・ゴーシュ」は、1999-2000A/Wから2000年S/Sまでアルベール・エルバスがデザイナーを担当、2001年S/Sからは、グッチに買収されたことでトム・フォードがデザイナーを務め、2004年の退任後は、2005年からステファノ・ピラーティがクリエイティブ・ディレクターに就任しました。

 

また1998年に「サンローラン・ジーンズ」を発表、デザイナーはエディ・スリマンが就任が就任しました。

 

現在、イヴサンローランのオートクチュール部門は、2002年のイヴ・サンローラン引退により、イヴ・サンローラン以上の才能を見つけることは不可能とし、オートクチュール部門は閉鎖、、プレタポルテ部門の「イブサンローラン リヴ・ゴーシュ」のみとなっています。

 

 

Yves Saint Laurentの初代デザイナー、イヴ・サンローランとは?

 

イヴ・サンローランは1936年8月1日生まれ、2008年6月1日ガンにより死去。

 

アルジェリアのオラン出身で、「モードの帝王」と呼ばれた人物であり、1985年にフランスの最高勲章レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを授与され、1993年にデ・ドール賞を受賞、2007年にフランス大統領よりレジョン・ドノール勲章を授与されています。

 

ちなみに自他共に認めるゲイでもあります。

 

17歳の頃にデザインコンクールでカクテルドレスを発表して最優秀賞を受賞し、その才能に惹かれた「ヴォーグ」の編集長であるミッシェル・ド・ブリュノフの薦めを受け、「エコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ」に入学し、ブリュノフの紹介によってクリスチャン・ディオールのアシスタントにもなります。

 

その後、クリスチャン・ディオールが死去、わずか21歳でデザイナーとして後を継ぎ、1958年にパリの初コレクションで「トラペーズライン」を発表、1962年にオートクチュールメゾンであるイヴサンローランを発表しました。

 

ちなみに現在のクリエイティブ・ディレクターであるステファノ・ピラーティは、ミラノでファッションを勉強後、1993年にジョルジオアルマーニに入社、1995年にプラダに入社し、アシスタントデザイナーを務め、2000年にイヴサンローランに入社、2002年に前カテゴリーでのデザインディレクターに就任し、その後、2005年からクリエイティブ・ディレクターを務めています。

 

 

Yves Saint Laurentの激安通販ショップ

 

Yves Saint Laurentの激安通販はこちら!

 

関連記事一覧

PAGE TOP